ベール下がりかSLPで見てもらう最終話-結果報告編

 

 

こんにちは!

keyです。

いよいよ、19バリFW1000のベール下がりシリーズ、最終回です!

この話の始まりはココでした)

 

 

今日は結論から先に行きましょう!

  • 保証書が無い状態でも、無償で修理してくれましたよ👍
  • 出荷された時点で、修理レポート見れました😉

 

詳しくは記事内で紹介します!

 

それでは今日もどうぞよろしくお願いしますm(__)m

現在の状況を確認しよう!SLP plusにログインだ!!

新規会員登録の方法はこちらの記事で紹介しています😉

修理登録の方法はこちらでの記事で紹介しています👈

ログインの仕方はこちら

SLP plus のTOPページから

①ログイン

 

②登録済メールアドレスとパスワードを入力して

ログイン

ここから確認します

TOP画面の右上①

 

右上の②

 

で③に行くと

出荷されたみたい

8/26㈭

『出荷完了』になってます!

 

『出荷完了メール』も、登録してしてあるメールアドレスへ届いていました✉

ウェ-イ(^^)/

予想通り最短で8/27に受け取りだ🎵

内容を確認いただけます?

で、このメールの中の一文に目が留まった

 

今まで、ここから先を見たことなかったんですよね

どうせ、出荷しましただけでしょ?と思ってたんで

 

ほらやっぱり… 

 

いつもとチト違うゾ?

下に続きがある

 

なんじゃぁ、こりゃぁぁぁ~

細かいレポートもあったのね👀

 

早速、修理金額を確認です!

0円です!!

 

でも安心してはいけません!

ベール下がりではないから¥0-の可能性もありますからね💦

 

では、内訳をみてみます☝

 

やりました!

やっぱり、ベール下がりだったようです!

部品交換で¥5.000-と入ってますね!

 

修理レポートがPDFでダウンロードできるようです。

それがこちら

やはり、あの状態が世に言う『ベール下がり』だったのか!

う~ん、また一つ勉強したぞ!

 

そして、保証書も無いのに無償対応とは…

親切だぞ!SLP✨

 

ちなみにベールが本当に¥5.000-するものなのか確認してみた

 

わっ!マジだ!! 高ぁ~💦

リール買えるじゃん😅


19バリFW1000を引き取ってきた

そして8/27㈮の夕方

釣具屋さんから連絡があり、お迎えに行ってきました!

 

カウンターで現物確認して納得です。

やっぱりあれはベール下がってたわ😅

 

もちろん、代金はかかっていません。

無償対応です!

 

保証書も無い身としては感謝あるのみ!

 

返ってきた19バリFW1000

 

修理レポートも付属してますよ!

まとめ

今回、個人売で購入した新品の19バリスティック LT FW1000S-PをSLPに修理へ出しました。

そして無事、ベール下がりと認定を受け修理されて返って参りました(`・ω・´)ゞ

修理にかかった時間

8/16㈪に出して、8/27㈮に帰ってきたので約10日🙂

かかった費用

保証書なしでも、無償対応✨

 

いやぁ、助かりますね~🎵

SLP様様だ!

 

 

『そもそもが工場出荷時に検品しておいてよ』というところもあるかもしれませんが、最終的にはmade in China がAssembled in Japanになったので良しとするか( ´∀` )

 

これだったらAmazonなどでリールを購入してベール下がりだったとしても、返品するよりもSLPで対応してもらうという方法もアリでは無いですか?😉

 

マグ抜きした物も修理受付してくれるとのことだし、なんだかんだ言っても融通利くダイワのアフターサービスは良いと思いました\(^o^)/

 

自分で直すのもよいけど、かかる時間と費用を気にしないのならメーカー修理も一考の価値あり⁉

 

少し落ち着いてきたら、17セオリー2004マグ抜き💕スペシャルと19バリ1000の違いを体感しに行こうっと!

 

 

管理釣り場ブログ🎣ランキングに参加しています

「ほぉ~🧐」と思えたら、下の「管理釣り場」ロゴを1回ポチっとご協力くださいm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村

人気のブログも見てみよう!